老人性イボの原因

老人性イボの原因を知ることで取ることができる

 

老人性のイボを取りたいのであれば、まずは原因を理解することが大切です。
治療する為に薬が販売されていたりはしますが、万能薬ではありません。

 

改善をする為の成分が配合されていたりはするものの、絶大な効果がある訳ではありません。

 

原因の解消をしなければ改善効果と悪化の両方が同時に行われていることになります。
そのため、効き目をあまり感じられないや逆に悪化をしてしまったと勘違いをする人までも出てくることにもなります。

 

老人性イボを取るのであれば、まずは原因を知ることが最も大切なこととなるのですね。

 

老人性イボは古くなって排出される皮膚が原因になる

 

イボと聞くとウイルス感染のように感じてしまいますが、老人性や首にできやすいのは老人性イボと呼ばれるものです。
この老人性イボの原因は古い皮膚が固まってできることにあります。

 

そのため、ウイルスが感染して引き起こすイボとは異なり、からだに害がある病気ではないのですね。

 

老人性のイボができてしまう根本的な原因としては肌力の低下です。

 

人は常に新しい皮膚の細胞を作りだしています。そして古くなった皮膚(角質)を外に排出しています。
これを1か月から3か月ぐらいの周期をかけて行っているのですが、この働きが低下をしてしまうことで、角質が付着したままとなります。

 

そのため、付着したままとなった古い皮膚である角質がだんだんと硬化をして形成されるのが老人性イボとなるのですね。

 

4つの肌力を低下させる直接的な老人性イボの原因

 

老人性イボの原因は肌力の低下によって角質が付着したままとなることが関係をしていますが、では、どういったことが理由で肌力が低下をしてしまうのでしょうか?
主な要因としてあるのが以下の4種類です。

 

  • 紫外線による肌へのダメージ
  • 加齢による肌力の低下
  • 日頃のスキンケア
  • 生活習慣(寝不足・運動不足・肥満など)

 

遺伝などでイボができやすいなどのこともありますが、老人性イボの原因として代表的なのとされているのが紫外線ダメージと加齢の2つです。

 

老人性イボが発生をしやすい部位としては顔・首・首回り・老人性などです。
ここからも分かるように衣服による防護がなかったり、夏場になると衣服も薄くなり紫外線が当たりやすい場所でもあります。

 

しかし、加齢が原因で肌力が低下をするのに関してはどうしようもない部分です。
そのため、日頃は紫外線クリームや日傘などを利用して原因の解消に努めることができます。

 

老人性イボは家族や子供ににうつる?同じお風呂には入れないのか?

 

老人性だけでなくイボが発症をすると悩む人が多いのが他人に移してしまうのかです。
結論からすれば、ウイルス性イボは感染することがありますが、角質が原因となって老人性などにできやすい老人性イボは他人に移すことはありません。

 

そのため、家族で同じお風呂のお湯を共有して利用をしたと問題はないので、その点は安心をすることができます。

 

しかし、一般的に有名なイボといえばウイルス性イボであり、他人に感染をすることでも知られています。
お風呂やプールなどでは他人からうつされないかと嫌悪されることはあります。

 

そのため、うつるのかに関しては安心することができますが、他人には嫌悪される可能性はあります。

 

老人性イボは他人にうつらない理由

 

何故、老人性イボのような老人性イボが他人にうつらないのかは原因を知れば理解することができます。

 

あらためて再度書きますが、老人性のイボである老人性イボは古くなった皮膚である角質が固まってできることです。
他人に角質や垢が付着したとしてもなんら問題はありません。

 

伝染をして感染をするようなものではないですからね。
老人性イボの原因を知ることで取るためにすべきことや、いろいろと疑問に思うことが解決することが多いので、重要な部分でもあるのですね。

 

ただ、大事なのは原因を知るのではなく、治すことです。